HOME>特集>栄養価の高い野菜を気軽に補うのに最適なアイテム

目次

飲みやすさが人気の秘密

青汁に使用される代表的な野菜といえば大麦若葉で、飲みやすいうえに必須ミネラルをバランスよく摂ることができます。昔の青汁は飲みにくいという意見が数多くあり、当初はケールを素材にしたものが多くありました。ケールはキャベツの原種であり大麦若葉を超える栄養価を誇っていますが、青臭いので飲みにくいという声が多かったのです。大麦若葉はケールより若干栄養価は劣りますが、それでも緑黄色野菜ですから栄養価が非常に高いことに違いはありません。抹茶に近い風味があるので牛乳や豆乳に混ぜてもおいしいですし、アイスクリームなどにトッピングして食べるのもありです。飲みやすい青汁を探している人にとって、大麦若葉は真っ先に候補に挙がる素材です。

少量で野菜を補えるのが魅力

大麦若葉の青汁は粉末タイプを採用しており、ごく少ない量で野菜を補給できます。粉末5gで50gの野菜に相当するので、1日の野菜の摂取量が100g足りないという人なら、大麦若葉粉末を10g摂取すればカバーできます。

食物繊維が豊富に含まれる

現代人は食物繊維が不足しており、腸内環境が崩れているケースが多いです。大麦若葉の青汁が注目される理由には、豊富な食物繊維を含んでいることもあります。肉食が中心の食生活を続けている人、野菜が嫌いな人などに最適な健康食品です。

広告募集中